トップページ > パソコンサポート > サポート日誌

selected entries

categories

archives

recent comment

others

mobile

qrcode

添付ファイルが開けない

症状:添付ファイルが開けない。

直接ファイルを確認したところ、開こうとされていたファイルはWord文書でしたが拡張子が「.doc」から「_doc」となっていたことが原因でした。(恐らくインターネットからダウンロード時に自動的に変更されたもの)

拡張子を正しいものへ変更して対応しました。

Win8でIEとタスクバーが操作不能

症状:Windows8.1で突然、IEとタスクバーが操作できなくなる。

システム根幹と密接な関係のある箇所が操作できなくなるため、実質的に何も操作が出来ない状態でした。

インターネットにて情報を当たったところ、2015年3月13日のWindowsアップデートKB3033889 が原因であることを確認しました。修正ファイル KB3048778 が提供されていたので、インストールして対応しました。

ソフト起動時にメッセージ表示

症状:ソフト起動時にメッセージが表示される。

ソフトを起動する度にメッセージが出てくるとのことで状況を確認しました。

見たところ不正なものではなく、UAC(ユーザーアカウント制御)からのメッセージだったので、コントロールパネルより、UACによるメッセージを表示しないように設定変更しました。

PCの動作が遅い

症状:PCの動作が遅い。

起動処理、ソフトウェアの設定など確認したところ、詐欺ソフトが10件以上入っていました。一旦アンインストールを行っても削除を感知して、次々に詐欺ソフトが入ってくる状態でした。

システムの復元を行いましたが、復元ポイントの段階で複数の詐欺ソフトがインストールされており、現象は変わらず。
最終的にリカバリを行うことになりました。

ページトップへ