トップページ > パソコンサポート > サポート日誌

selected entries

categories

archives

recent comment

others

mobile

qrcode

NASのフォルダーが見えない【解決】

症状:NASのフォルダの中身が見えない。



先日から調査していたNASの件ですが、特定のフォルダだけ、データが表示されない不具合の原因が解明できました。

元々、別のPCからフォルダーごとコピーしたことが原因だったようです。旧PC上で設定されていた一部フォルダーのアクセス権がコピー後も生きており、閲覧を阻んでいました。



改めて、フォルダーのアクセス権を設定し直して改善しました。

NASのフォルダーが見えない

症状:NASのフォルダーが見えない。



ネットワーク上にあるHDD(NAS)へ管理者用IDでログインすると、一部のフォルダー内ファイルが表示されないという症状でした。



お伺いして調査しましたが、時間内では原因が特定できませんでした。

すべてのユーザーから見えない訳ではないため、ハードウェア的損傷でなく、ファイル権限の問題と思われますが、後日改めて調査となりました。

IEを開くと警告メッセージ!

症状:IEを開くとパソコンがダメージを受けたメッセージが出る。



お伺いして確認したところ、バナークリックによる詐欺ソフトのインストールが原因でした。ブラウザへ常駐するため、どのページを開いてもメッセージが出てくるため、使用者には非常に鬱陶しい状態でした。



アドウェア(広告)削除ソフトを使用して対応しました。

PCの動きが遅い!

症状:パソコン動作が極端に遅い。



スキャンアプリにてHDD全体をチェックしたところ、不良セクタが数箇所検出されて、17%程度で止まってしまう状態でした。ハード的な損傷が出ているようです。



HDD交換をおすすめし、後日お預かりする予定です。

PDF印刷でIEが止まる

症状:PDF印刷でIEが止まる。

Internet Explorerで開いたページ上のPDFファイルを印刷しようとするとInternet Explorer自体が止まってしまう症状でした。
特定のファイルに起きる現象のようでしたが、Adobe Readerのバージョンアップを行うことで改善しました。

伝送ソフトがエラーになる

症状:業務用の伝送ソフトがエラーになる。

回線が混み合っていて、受信中にタイムアウトが発生していましたが、何度か送受信を繰り返した結果、正常に受信することができました。

利用回線の回線状況が影響しているものと思われますが
しばらくは様子を見て頂くことになりました。

IEからChromeへの移行

症状:IEからChromeへの移行。


Internet Explorerの脆弱性を回避したいとの要望があり、事務所内PCのブラウザをIEからChromeへ移行しました。


特定のシステムだけがIEでないと動作しないため、一部のPCでは引き続きIEを使用して頂くことになりました。

修復詐欺ソフトが再発!

症状:以前に削除した修復詐欺ソフトが再び現れるようになったとのことで連絡を頂きました。

動作が不安定になったためか、直前の復元ポイントへ戻っており、加えてPCの状態が悪くなっていたため、直接のアンインストールできませんでした。

システムの復元で更に以前の復元ポイントへ戻し、改善しました。

ルータからネットワークに繋がらない

症状:ネットワークに繋がらない。

動作確認したところ、接続しているルータの不具合が原因と判断しました。
機械的な故障と思われましたので、取り急ぎ長めのLANケーブルを使い、ONUと直接接続して対応しました。

ページトップへ